インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

ビンタン日常!


皆様、ご無沙汰しております。
いきなりどどーんとロブスター。
ビンタン島産のロブスター。
お刺身に蒸しに堪能しました。



日本から帰り数日雨でしたが、最近は雨降らず暑い。
断食中なので、コーラン読みで夜は賑やかです。



それにしても今年は夕方ブカプアサのお店の出店数が多いですね(^_^)

また少しずつブログ更新していきます。
ビンタン島最新情報。。。

おやすみなさい。

スポンサーサイト
別窓 | ウルルン生活 | コメント:0
∧top | under∨

歯が・・・(>_<)

驚き~(>_<)

歯の詰め物?差し歯??なんていうのでしょうか、とれました。

もともとビンタン島に移住する前に、歯医者に根気よく何ヵ月も通いダメなところをなおしてもらったのですが、1ヵ所だけ食べ物が引っ掛かるのです。
食べる度にそこが気になって。昨晩も歯の隙間を掃除してたら見事にポローンってとれました(-_-;)

あーーーって一瞬驚きましたが、前歯の差し歯じゃなくてよった(^O^)
まだそれ以降怖くて水しか口にしていませんが、どうしよう。
インドネシアではじめての歯医者にいくか・・・それも何かドキドキするなぁ~。

とりあえず、あとでごはんを食べてからきめましょう。

こちらは雨がポツリポツリ降っていますよ。
お友だちが日本から遊びに来てくれるので、どうかどうか週末から晴れ!!になりますように☆
別窓 | ウルルン生活 | コメント:4
∧top | under∨

小さな願望?

オフィス作成、、、とはいってもとっても小さなオフィスなのですが作業はじめから地元の人にたくさん助けてもらいました。
そして老若男女問わずここに立ち寄ってくれます。
office

ルマビンタンに夫婦で出勤し、いろいろ作業をしていました。
2歳になる子供の面倒(私の子ではありませんよ)を見ていたりするのですが、今日は本当にたくさんの子供が集まってきました。
今日は学校が休みの日曜。
まだ中には何にもないルマビンタンに・・・
kids0928

そして作業している夫に何か話しかけている男の子。

09288
なんか楽しそうに話しています。他の子もそれぞれ遊んでいます(^?^)
ここは寺子屋かなんかかしら??と思うくらい。
作業中でも構わずしつこいくらいまとわりついてきます。(可愛いんだけれどねっ。)
家に帰ってきて、作業中に男の子を話していた内容を教えてくれました。

男の子:『ねぇねぇ、ぼくここに寝てもいい?』

夫:『なんでぇ??』

男の子:『ここにはテレビはあるの?』

夫:『うん、あるよ。』

男の子:『んん、じゃークーカス(冷蔵庫)は?』

夫:『あるよ、、、』

男の子:『うん!!じゃーぼくここのテラスにブランケット運んで寝てもいい。』

夫:『???』

男の子:『ぼく、外で寝てここのセキュリティしてあげるよ!(^^)! ナイフもってきてさっ☆』

本当に頼もしい?スタッフです。
いや、テレビを見たいだけ??
でも、まぁ??可愛いこと可愛いこと♡

そんな男の子に私が『何歳?』ってきくと『11歳!』・・・夫が『マジッは11歳じゃないんじゃない?』っていうと男の子が『9歳かなぁ?』面白い。

前も違う子に『ねぇねぇ、ぼくのために小さな木の船を作ってくれない?ちいさいやつでいいんだけれど・・・』とか『この釣り竿のごはん取れそうだからつけてぇ?』とか、、、
『こんなん、釣ったんだよ、ぼく』とか『ぼくぺんきぬるの手伝ってあげるよ。』とか。

インドネシアの子供たちはなんて人懐っこいんだろう。
日本人の私にも興味しんしん。
『ジャパンはとても遠いんでしょ!どれくらい遠いの?』
とか話かけてくれます。
私が夫に話す日本語にも興味しんしん。

落ち着いたら子供たちに少しづつ日本語を教えていこうかなぁ?なんて思っていますが、ルマビンタン本当に寺子屋になってしまいそう。




別窓 | ウルルン生活 | コメント:8
∧top | under∨

つながり

今朝、夫のおじさんと親戚の人が家にはじめて遊びに来てくれた。
おじさんは本当のお父さんのように私達をかわいがってくれる。
そして大体の住所は教えてきたものの家をしらないと何か私たちにあったときに、近くに親戚もないしどうしようと今朝私達の家を探してきてくれた。
ちょうど朝ごはんのホットケーキ(牛乳がないのでココナッツミルクをしぼって砂糖多めの)をたくさん焼いていたので一緒に食べてたくさん話した。
インドネシア語ではなく、ブトン語なので私はほとんど理解できず・・・
日本だとなかなか親戚のおじさんにあったりすることがないけれど、ここでは普通みたい。
突然夕飯時に親戚が着てワイワイなんていつものこと。
いつもは離れていても家族のつながりは強く年上の人をとても大事にする。
一人暮らしが長かった私はやや動揺しながら、でもみんなといるととても楽しい。(言葉がはなせたらきっともっと楽しんだろうなぁ?)
そして私たちのいる場所がわかって安心した様子で帰っていった。
なにかあるとみんなが心配してくれるインドネシアが大好きだ。

別窓 | ウルルン生活 | コメント:2
∧top | under∨
| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |