インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

人の温かさ

昨日のブララス島は朝からあやしい雲&強風。
そして恵みの雨!! 
と、思いきやブララス正面の海上のみ大雨でブララス島は小雨程度(>_<)
水よ???、どうしてここまで来てくれないの?

そして雨の隙間からビンタン島には大きな虹(久し振りにみました。)
朝ミルクティを夫と飲みながら、のんびり。

結局、昨日1日くもりそして強風。
地元の漁師さんの船が一斉にブララス島正面沖に集まり休憩。
そんな今日風なので私たちの食糧確保も難しく、思いついたのが漁師さんがそこにいるのだからいっちゃおうか!ということで船までお買いもの。

夫:いやぁ??、売ってくれないよ。
私:行ってみるだけいってみようよ(*^_^*)
スタッフ:無理じゃない?
私:行くだけ行ったっていいじゃない!

本当にこの2人の男子は・・・(-_-;)

そして沖に向かった夫が20分後くらいに満面の笑みで戻ってきました。
しかもたくさんのお魚(まだ生きてます)と大きなイカを持ってる☆

これいくらだったの?と聞くとお金は要らないって。

漁師さんは、カワルぱぱの知り合いで夫とおんなじブトン族。
そんな話で盛り上がり、魚を買いたいんだと話したら『たくさん?』と漁師さん。
夫が『島で自分たちが食べる分だから3匹くらいなんだ』

そしたら漁師さんが自分たちが食べる分ならあげるよ??(*^_^*)

と私たちのボートに3匹じゃなく15匹以上の生きた魚に大きなイカまで入れてくれたのです(感謝)

漁師さんは最後に『島で食べる分くらいはとりにくればいつでも魚あげるからね(*^_^*)』と言ってくれたみたいです。

なんて優しい方なのでしょう!!!
ここの人ってあたたかいなぁ?と思いました。

ブララス島にいると地元の漁師さんと知り合うことが多いのですが、こういう助け合いがとっても多いと感じます。

しばらく漁師さんたちはここにとまっているのでしょう。

いつかブララス島に立ち寄って行って下さいねぇ!と言って私たちは帰ってきました。

連泊だったブララス島の生活。
いろいろまた体験ができました。
ただ、未だにうまくできない火の扱い。(→男子たちは一瞬のうちに燃やせるのですが、私はジワリジワリ)
強火、中火、弱火の微妙な加減を木で調節できるなんて・・・私は修行が必要です。

また今週末も行こうかなぁ??。

今日は税金手続きなどをしに出かけてきま?す。
明日はお昼から北部リゾートエリア5つ星ホテル『ビンタンラグーンリゾート』視察へ行ってまいります。

ではでは、写真は後ほど。



スポンサーサイト

別窓 | インドネシアビンタン島 | コメント:2
∧top | under∨
<<ブララス島?画像? | インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 | いったん帰宅(*^_^*)>>

この記事のコメント

なんて優しいの!?\(♡o♡)/
思い切ってお魚くださいって言ってみて良かったね~♪
しかもタダなんて…ナイス!(*^^)b
火起こしって難しいけど、火加減の調節なんて
もっと難しいんだろうね!
いっくもサバイバルが得意になりそうだね♪がんばって!
2010-03-19 Fri 16:37 | URL | コタロウ #WG3/H9bE[ 内容変更] | top↑
今度会う時までには火の調節ができるように・・・なってるかなぁ?
がんばろう、サバイバル(笑)
2010-03-19 Fri 22:39 | URL | Rumah Bintan #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |