インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

何語?

インドネシア語でエビは『ウダン』。

あるとき、エビを指しながらコレ日本語でエビっていうんだよ?って言ったら、

『えっ?インドネシア語でもエビはエビだよ?(小さいの)』だって!!

驚きました!!!

ジョーダンかなぁ?と思って今日違う人に聞いても、『小さなエビはエビっていうんだよ』だって。

これは、インドネシア語?マレー語??

なにより、夫、知らなかったことにビックリ。
スポンサーサイト

別窓 | 独り言 | コメント:4
∧top | under∨
<<おめでとう!インドネシアも祝日 | インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 | 海、満員(*^。^*)>>

この記事のコメント

おぉ~\(◎o◎)/
エビって日本語と同じ言い方をするんだね。
小さいエビっていうと、車エビと伊勢エビの違いって感じなのかな?
車エビは「エビ」で、伊勢エビは「ウダン」って使いわけ…みたいな?
探してみると、意外と同じ言い方の言葉ってあるのかもね♪
2011-02-07 Mon 12:47 | URL | コタロウ #WG3/H9bE[ 内容変更] | top↑
南太平洋に移住したマレー民族の祖先の言語が島ごとに変化して方言になっています。それでも基本語は大体同じですね。日本語の「魚」はインドネシア語でイカンですが、ポリネシア語では普通「イカ」です。これは面白いでしょう。

ココナツミルクとスパイスで魚の切り身をあえ野菜を加えた、サラダ風の料理をトンガで「オタ・イカ」と呼んでいたと思います(しばらくポリネシアに出かけていないので島を間違えているかもしれません:フィージーまたはタヒチかも。それぞれ微妙に違う、似たような名前で同じ料理がありました。イカは共通語です)。カイカイは食べるという共通語。

インドネシアのオタ・オタの話を知って「オタ」は何の意味だろうと考えてみましたが、わかりません。

フィージーで「カイ」と呼ばれている二枚貝があります。ムラサキマルシジミという大型のシジミ(10センチくらい)の仲間です。インドネシアにも分布しているのですが、ビンタン島の川の河口にいませんか。
2011-02-09 Wed 09:11 | URL | beachmollusc #mTTbY6aw[ 内容変更] | top↑
面白いよね。
海老ってもともとは日本語なのかなぁ?
それとも他からきたことばなのかなぁ?
そんな言葉たくさんありそうね。
2011-02-09 Wed 11:14 | URL | いっく #-[ 内容変更] | top↑
なるほど!そうなんですね。
勉強になります(*^。^*)

オタオタの意味、聞いたことなかったので聞いてみます。
なにかきっと共通点があるかもしれませんね。

そしてしじみの大きいのあります!!売られていますよ。
シジミの巨大なのだぁ~って思って調理法もわからないので、買ったことはないのですがしじみが大きくなったバージョンでカワル村(河口付近)でのみ売られていますよ。
試しに今度買ってみます。
2011-02-09 Wed 11:29 | URL | いっく #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |