インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

泥棒対策 カワル村

海外からの寄付金、早々に情報をいただけて感謝しています。
どうもありがとうございます。
早速こちらの友人に伝えました。
ビンタン島の友人からも何かできないかと優しい言葉をたくさん受け取っています。


こちらビンタン島、今日は一瞬パラッと雨でしたがその時間以外は晴れ。
夫が海からつれてきた砂を一生懸命はき掃除(>_<)
家に入る時は砂をはらってねっていっても、わかってるのかわかっていないのか・・・
でも掃除で体動かせるから、いいっかぁ?と考え。

昨日は家の裏のジャングル草もうもうと生えているところを、持ち主さんが掃除にきました(^.^)
インドネシア人のすごいところ遠慮なく他人の土地に侵入してくる!!
持ち主さんと掃除手伝いの兄ちゃんたち、アルフの存在にまったく気がつかず・・・我が家に何も言わず侵入!!
案の定、ものすんごい勢いで吠えつくアルフ。
さすがセキュリティ犬。
日中もちゃんと仕事をしてくれています。
みんな超びびりまくり。
(危ないから気をつけてねぇ?(^.^)/~~~?って)
セキュリティといえば、夜順番にやってくる泥棒対策。
前回夫、10時から朝5時までという見回り当番で出かけたのに40分くらいしたら帰宅。
しかもやや興奮気味で。

『かえってきた、もう行かない!』と一言。

???

6人グループの地元男性が2人チームで10時から朝5時まで泥棒がいないか見回るこの計画に賛成できなかったみたい。
一通りチームリーダーからの説明を聞いて、あまりにも考えが甘すぎて質問をして解決しようとしたんだけれどどうも納得いかなかったみたいで帰宅。

できること、できないことがある。
目的が泥棒。
準備されていたのはカユ(木の棒1本)だったそう。
しかも不審者にあったら突然殴るんじゃなく話をしてから・・・って説明があったんだって。(そりゃそうでしょ!突然殴るってあり得ないよ)

さすがにインドネシアの田舎の泥棒さんっていっても2011年の今。
泥棒をするくらいってころは、もしかしたらナイフや銃をもっている可能性もある。(可能性ね。)
自分の身を守るような空手とかトレーニングとかしているわけでもない。
いざってとき、ど素人が立ち向かえるのか・・・
地元の人の協力が必要っていって警察何人か先頭にいて指示してくれるわけでもない。

しかも夫は私が帰国した時アルフと二人きり。(まぁ、うさぎ6羽もいますけど・・・)
自分がその時担当になったら、家は空っぽ。
そのほうが泥棒にチャンスをあたえるのではないか?

しかも参加できない人は各自でお金を支払って代わりをしてくれる人をさがすっていうルール。

夫がバタバタしたから再度ミーティングがあるんだって。


珍しくバクバクしていた夫。
思ってたことを言っちゃったよ??って。
後からそれに賛同してくれる人もいたみたい。
どうなることやら。
スポンサーサイト

別窓 | インドネシアビンタン島 | コメント:1
∧top | under∨
<<久しぶりの日本からのブログ更新! | インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 | 教えてください!>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011-03-21 Mon 23:43 | | #[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |