インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

息子の病気

数日前から1歳3ヶ月の息子、高熱。
39,5度越えたり38.7度になったり・・・(~_~;)
母強くならねばならないのですが、ここに来て自分自身も病院/クリニックにかかったことがない。(あるとすれば、シンガポールの日本人Drいる病院だけ)

自分が辛い分には我慢できるけれど、自分の子どもがグテーといつもの元気がないと気持ちが参ります。本人が一番辛いのですが・・・

とにかく何で熱が上がっているかという原因を!!と思ってクリニックにいってもわからず。言われるのは、今日この薬を飲ませて明日熱が下がらなければまた来てくださいね。

マラリアとかではないですよねぇ?と聞くと、数日たっても下がらなければ血液検査してみましょう。

日本だとよく子どもが熱出たとき用に解熱剤の坐薬なんかをストックしておくようにとかネットでみます。

ずっとかかりつけにしてたクリニックでは坐薬はクリニックでのみ。
売れませーんって言われました。
え!!なぜ??

計10ml、3種類の薬を飲ませるのにも大変。
しかも夜も4時間おきに起こして、10ml飲ませるのは至難のワザ(-_-;)
坐薬があってくれるだけで、寝ている夜は本当に楽になります。(本人も)
転々としながら、坐薬をGETしました(^.^)

一度は朝いい感じに下がっていたのですが、昼からすこしずつ上がって夕方39.2度。
言われた通りに連れていきました、クリニック。

メモ用紙にSEMUってかかれて、その用紙を受け付けに見せたら地下へ誘導。
血液検査は地下で!って言われたから向かったら薄暗いランプ1つの小さな部屋に小さいテーブル、顕微鏡1台、おじいさん1人。

想像してなかったレトロな検査室に、思わず固まった我々夫婦。
息子の手に針を指して血を少しとるとはいえ、衛生的に瞬時に道具を確認してしまいました。その辺はOKなかんじ。

夫は思わず「あ、そんなに熱高くないからDrと話をしてから・・・(オロオロ)」。
夫がオロオロするくらいだから、私はもう固まったままです。

これが、インドネシアの検査室?
マラリアではないことはわかりました。
少し安心。
そのあとDrに見てもらうのですが、3畳くらいの小さな診察室で人がギュウギュウ。
その中で「orang jepang(日本人)!! まだ熱下がらない?」とDr。
日本人なんて珍しいから、大注目の我々。
まぁ~ここではどこにいってもそうなんだけれど、ちょっと反応しずらい。

そんなこんなで、昨日・今日と調子を取り戻し熱も平熱まで下がりきり。
母と電話で話終えたあとすぐ、お風呂にいれたセムの腹部と背中に発疹。

どうやら、突発性発疹だったみたいです。
一安心というのもなんですが、ホッとしました(^.^) 

元気になって夕方少し公園へ連れていったら、同い年くらいの女の子がセムに抱きつきチューっと(^.^) 病み上がりのモテモテ君なのですが、あまりの突然な抱きつきに困惑したのか、泣きべそ。元気になってよかったです。

母、学びの日々。いろんな人に助けられて感謝の日々。
スポンサーサイト

別窓 | 日常 | コメント:2
∧top | under∨
<<らーめん屋オープン | インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 | ホテル宿泊&フェリー手配について>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012-09-23 Sun 23:15 | | #[ 内容変更] | top↑
初の突発性発心でした(-_-;)
オロオロしてしまったけれど、本当によかった。
本当に暴れん坊でも、元気が一番だね。

それにしても、あぼ検査室は・・・
レトロ過ぎるというか、世の中に存在するの?って。
驚きました。ポッカーーンだね(笑)




> セム君良くなってよかったね!
> 元気が一番だよね☆
>
> 検査室の描写の仕方がよくて、読んでてこちらも
> 固まってしまう感じ…(笑)
> 22
2012-09-24 Mon 09:38 | URL | Rumah Bintan #-[ 内容変更] | top↑
∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |