インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記

☆ビンタン島のウルルン生活への道☆

アットホームな手作りウエディング in ビンタン島

みなさん、こんばんわ。
日本も大荒れのようでしたが、ビンタン島も今日は荒れていた1日でした。
突然の突風雷どしゃ降りで、停電・・・長かった。
もうこの停電にも慣れたけれど、携帯は充電切れになるし母親とせっかくスカイプではなせたのにPCのバッテリーまでもなくなってしまいました。
それが、インドネシアです。
慣れています。

大雨でものすごい雷だったので、スタッフさんみんな家の中でまとまりお話。
こんなときが一番楽しい。

でも結構インドネシア人、男性も雷にかなりビビッていました。
アルフもリビングの窓を開けろーといわんばかりに引っ掻き。

さてビンタン島の挙式について少し書いていこうと思います。
私たちの行っている挙式は、アットホームに新郎新婦ご家族をおもてなししましょうということですべて手作りで行っています。

結婚式の結婚証明書(法的には無効なもの)もそれを入れるシンプルだけれどインドネシアならではのバティックの入れ物。
後ほど少しずつご紹介していけたらと思います。

まずはケーキ。
夕食はその日のコンディションや人数によって変更がありますが、キャンドルがあり花びらが散りばめられシンプルながらも素敵にセッティングしてくれています。
テーブルや場所も人数やそのお客様の雰囲気にあった場所を私たちが指定しセットしてもらいます。
これは、ウエディングならではのスペシャルディナー&セットです。
ここもアットホームなので、ホテルスタッフとルマビンタンスタッフが連携して花びらをかき集めセットします。もちろん1人ではなく何人もで。
お客様の喜ぶ顔を想像しながらの作業です。

ケーキはインドネシアに良くあるバタークリームケーキでもOKなのですが、正直暑いお国ビンタン島でお客様お迎えするのにバタークリームというのにやや不安があったので、ICING CAKEで特注しています。

事前にコーディネーターさんからいただければ、新郎新婦様のお写真をながめどんな感じにしたらよいかパティシエとミーティングをして決めていきます。
写真がない場合は、コーディネーターさんから新郎新婦様の特徴などを聞き、時には私のへたくそな絵でどこに何をおくか飾りはどうするかなどを決めていきます。
決めている最中はワクワクします。
ウエディングを行っているホテルが5星のような大きな大きなホテルではないためパティシエスタッフ常駐しておらず・・・このようなケーキはすべてタンジュンピナンの街の若い女性LISAにお願いして作ってもらっています。

中身はインドネシアならではのケーキ クエ スラバヤ♪

cake surabaya
(写真はイメージ)

それが、レインボーケーキでも可能です。
rainbowcake
(写真はイメージ)

私自身食べた感想、スラバヤケーキが甘酸っぱくて好きなのでクエ スラバヤで注文しています。
そんなかんじで肝心のケーキ写真がないのですが2段のケーキで注文しています。
ケーキできたよーー!!とLISAに取りにいくのがとても楽しみな私。

セムにもらったLISAオリジナルのクッキーもウマウマです。
なんせ、シンガポールが近いとはいえ中々材料が手に入らずシンガポールまで買い付けにいくというLISA。
日本のように手に入ればいいのですが、お値段も張ってしまいます。

そしてフルーツいっぱいでお願いします!といわれても確約できず。
高価なストロベリーがいつ入ってくるかわからないビンタン島です。

ただストロベリーがなくてもとっても可愛いケーキに仕上げてくれるので嬉しい私です。

2段重ねもピンクリボンicong&ストロベリー付やハートにバラの花びらいっぱいのicingケーキだったり、白いウエディングにあう様に白い花びらとダイヤモンドを付けてもらったり・・・いろいろ挑戦しています。

写真があったらUPしますね。

このビンタン島パティシエLISAのスラバヤケーキやクッキーなどビンタン島のお土産で注文したいという方がいましたら、事前予約になりますが承っております。
お土産じゃなくて、ツアーのときにでも食べてみたいという方はご予約できます。

詳しくは、info@rumah-bintan.com または iku_rizal@yahoo.co.id までご連絡下さい。
スポンサーサイト

別窓 | 海外ウエディング | コメント:0
∧top | under∨
<<ビンタン島海外ウエディング挙式パッケージ♪ | インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 | 寝れない夜、、、>>

この記事のコメント

∧top | under∨
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

| インドネシア ビンタン島 観光ガイド ルマ☆ビンタン♪ 日記 |